>イチオシ情報>高値で不動産売却するにはポイントを押さえよう

内覧日はとても大切

ほとんどの場合、買主は物件を見学するはずです。少しでも物件を売却できる可能性を高めるために、内覧前と内覧当日に向けて、頭に入れておかなくてはいけないことがあります。

内覧前と内覧当日に心がけること

ウーマン

掃除は必ずする

内覧日に部屋内が散らかっていたり汚れていたりしたら、悪い印象を与えてしまいます。少しでも印象を良くするためにも部屋を整理し、ホコリや汚れはキレイに取り除きましょう。

ハウスクリーニングを利用する

頑固な汚れがある時は、不動産屋にハウスクリーニング業者をを紹介してもらいましょう。確かな技術で徹底的にキレイにしてくれるので、購入希望者へのイメージも良くなりますよ。

部屋の明るさと室温には注意

内覧日に部屋が暗いと、イメージダウンです。また、室温が適切でないと嫌なニオイが発生する可能性があります。購入したいと思わせるためにも、部屋は明るくして、適切な室温にしましょう。

悪いところも正直に伝える

早く売りたいあまりに物件の良いところばかりをアピールしてしまうと、買主が「売り急いでいないか」という誤解をしてしまう可能性があります。悪いところも伝えると信頼されます。

高値で不動産売却するにはポイントを押さえよう

間取り図

ホームステージングで部屋の見栄えを良くしよう

買主が物件を探す際、必ず物件の写真を見るはずです。この写真に写っている部屋が、買主の好みであれば、売れる可能性が高いです。そこで、マンション売却などの、何からの不動産売却をする際は、ホームステージングを活用しましょう。

広告募集中