マイホーム購入で後悔しないために

マイホームを購入するには、多額の資金が必要となるため失敗は許されません。失敗しないためには、物件を探す前に色々やるべきことがあるります。ポイントを押さえれば、スムーズに物件が探せるはずです。

不動産物件を探す前にやるべきこと

男の人と女の人
no.1

希望条件を整理

一番重要なポイントでしょう。何かしらの希望条件を決めておかないと、不動産物件を探すことができません。家族とよく話し合って、希望条件をリストアップしてみましょう。

no.2

予算を決めておく

予算を決めておかないと、物件を購入した後のローンの返済に苦しむ可能性があります。専門家に頼りながら、どれくらいの予算であれば、ローンの返済ができるか決めましょう。

no.3

価格相場を把握する

不動産物件を探す際、物件価格が妥当か判断しないといけません。妥当かどうか見極めるためにインターネットなどを利用して、希望エリアの価格相場を把握しておきましょう。

マイホームを買うなら不動産会社選びは慎重に

女性

宅建業の免許をチェックしよう

日本国内で不動産売買の営業をする場合、宅建業の免許が必要になります。宅建業の免許があることを確認したら、免許番号の「()」内の数字に注目しましょう。免許は5年ごとに更新する必要がありますが、免許番号の「()」内の数字は、免許の更新回数を意味しています。数字が大きいほど長いこと営業をしており、安定した企業であるという証拠にもなります。

住宅模型

行政処分の有無は必ず確認を

不動産物件を購入するのであれば、真っ当な営業をしている不動産会社に依頼したいものです。真っ当な営業をしているか見極めるためには、行政機関に行き、行政処分をされたことがないか、免許を取得した時の書類をチェックしておきましょう。

部屋

知識が豊富な営業担当は信頼ができる

不動産売買の営業をするのであれば、幅広い知識を持っていないといけません。知識がないと不動産売買で何かしらのトラブルが発生する可能性があるからです。そのため、営業担当の知識が豊富か見分けるために、色々な質問をしてみましょう。曖昧にしたりせず、的確でかつ迅速に返答してくれるところであれば、安心して任せていいと思います。

積み木

対応エリアを確認

不動産物件を探す際、希望エリアが変わるケースは珍しくありません。幅広いエリアの物件を取り扱っている不動産会社であれば、選択肢の幅が広がり効率よく選ぶことができます。

枚方の不動産物件を買いませんか?

ひばりヶ丘で不動産を案内してもらう! 住宅診断を定期的に行なおう

広告募集中